『三牧の徒然日記』

mimakiblog.exblog.jp
ブログトップ

三牧邸建築記録

三牧邸現場の報告です
a0151807_11561718.jpg
玄関ドアとサッシがつきました。
水道配管、エアコンの配管も終わり、ガレージ天井も断熱材でふさぎます。
a0151807_11574849.jpg
玄関ドアは、ナラ材を使用しました。
ドア金物は、いつもと同じ堀商店の者です。
シルバーの部分は、断熱材のアキレスQ1ボードです。
a0151807_11575543.jpg
ガレージにもう一つドアがあります。
こちらは予備の部屋というか収納というかになります。
こちらもナラの板なのですが、こちらは横方向に板を張ってもらいました。
もちろん断熱材入りです。
金物は、こちらも同じ堀商店です。
今回の家のテーマは、都市型パッシブデザイン住宅ですが、裏テーマが真鍮となっておりましす。
こちらのドアノブも丁番も真鍮です。
経年で(すぐに)くすんでまいります。
a0151807_11580566.jpg
そして、窓は2種類です。
こちらは、アメリカのマービン社製のオーニング窓で1200x1200
こちらも窓を一番多く使っております。
外側がアルミ製、内側が木製となっており断熱性能の高いサッシです。
a0151807_11581113.jpg
マービンの室内側の写真です。
壁の中には、ロックウール断熱材105mmを充填しております。
a0151807_15241065.jpg
そして、2FのLDKの東側のベランダにでる大きな掃き出し窓です。
LIXILのサーモスXです。こちらも高性能の窓です。
断熱性の高い樹脂製の窓もあるのですが、窓枠が太くて見栄えを重視してアルミ樹脂複合サッシを選びました。
天井から床までいっぱいの窓です。

a0151807_11584147.jpg
そして、ペントハウスのサーモスX窓です。
左側が南向きの窓となっております。
お日さまが、ここからしか入ってきません。
この窓が冬の間にどれだけお日様を捕まえられるかが楽しみです。
ペントハウスに蓄熱して、螺旋階段を利用して下階に熱を運びます。
どれだけ暖房の補助になるか結構期待しています。
たくさんの熱を取り込めるようにLOW-Eガラスではなく普通のペアガラスを特注しております。

夏は、こちらの窓をふさいでしまいます。
正面の西側の窓は、普通のLOW-Eガラス遮熱タイプです。
断熱材は、外張りのアキレスQ1ボードに充填でロックウール105㎜を入れております。

来週は、外壁工事です。


[PR]
by organic_mimaki | 2017-12-23 15:53