『三牧の徒然日記』

mimakiblog.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 156 )

三牧邸建築記録

出来上がりました!
a0151807_10303289.jpg
サクラがきれいです
用水路と遊歩道が気に入ってこの場所に決めました。
a0151807_10303192.jpg
シンボルツリーはヤマボウシを選びました。
掃き出し窓は、LIXILのアルミと樹脂の複合サッシを
四角い窓は、アメリカマービン社のアルミと木の複合サッシを選びました。
a0151807_10303124.jpg
水路側ではなく、私道側はこんな感じです。
右側が南面となります。
お隣さんが近いですね。

a0151807_10303029.jpg
車が入るとこんな感じです。
車を入れるのに何回か切り返しが必要ですが、そのうち慣れるでしょう。
車の後ろは、遊歩道です。
a0151807_10483563.jpg
1Fの玄関を入ったところです。
写真には写っていませんが、左側にトイレがあります。
右側は下駄箱です。
a0151807_10491968.jpg
2FのLDKです。22畳くらいの広さです。

a0151807_10492015.jpg
キッチンの窓から、遊歩道の眺めが良いです。
a0151807_10495130.jpg
本棚は、まだスカスカですがいろんな物を置いても雑然としないので重宝します。
a0151807_10522170.jpg
洗面、浴室にドアはありません。
まあ二人暮らしなのでできることです。
a0151807_10523801.jpg
3階のトイレには、ドアがありません。
どうしてもの時は、1Fのトイレと使い分けています。
a0151807_10530298.jpg
寝室北枕です。
青い壁には写真を飾る予定です。
a0151807_10301397.jpg
屋上は、まだ工事中ですが、デッキが一部出来上がりました。
自分で作っています。
これから土を入れて畑と果樹を植える予定です。
階段室の屋根には、太陽温水パネルがお湯を作ってくれます。
a0151807_10294781.jpg
周りに高い建物がないので、屋上からの眺めはなかなか良いです。

これから暮らしの様子などご紹介していきます。




[PR]
by organic_mimaki | 2018-03-31 19:16

三牧邸建築記録

ベランダが付きました。
鉄骨のベランダにイペでベランダを作りました。
水路側なので開けた感じです。

a0151807_19080336.jpg
左官屋さんが壁の仕上げをしっくいで
大工さんが杉板で本棚を作ってくれています。
a0151807_19081118.jpg
タイルは、名古屋モザイクでイタリア製のタイルを選びました。
浴槽は、T-formでドイツ製の鋼板ホーローの1700mm
にしました。湯量が日本製の物に比べて少ないのが驚きです。

a0151807_19082367.jpg
3月には完成見学会を行います。


[PR]
by organic_mimaki | 2018-02-09 19:15

三牧邸建築記録

自邸の方は、いよいよ仕上げ作業です
a0151807_16041712.jpg
a0151807_16042614.jpg
a0151807_16045103.jpg
外壁は1F部分にしっくいを塗ってもらいました。
日本の蔵などに塗る漆喰です。


a0151807_16052916.jpg
大工さんも細かな部分に取り掛かってくれています。
1Fトイレ周りの面倒なところです。
いつもありがとうございます。
a0151807_16051394.jpg
内装の仕上げは、EP塗装と、タイル、漆喰、そして板です。
a0151807_16052043.jpg
こちらは、浴室。
タイルと天井はさわら板です。

見学会も予定しております。
ぜひご覧ください。



[PR]
by organic_mimaki | 2018-02-03 16:11

三牧邸建築記録

三牧邸現場の報告です
a0151807_11561718.jpg
玄関ドアとサッシがつきました。
水道配管、エアコンの配管も終わり、ガレージ天井も断熱材でふさぎます。
a0151807_11574849.jpg
玄関ドアは、ナラ材を使用しました。
ドア金物は、いつもと同じ堀商店の者です。
シルバーの部分は、断熱材のアキレスQ1ボードです。
a0151807_11575543.jpg
ガレージにもう一つドアがあります。
こちらは予備の部屋というか収納というかになります。
こちらもナラの板なのですが、こちらは横方向に板を張ってもらいました。
もちろん断熱材入りです。
金物は、こちらも同じ堀商店です。
今回の家のテーマは、都市型パッシブデザイン住宅ですが、裏テーマが真鍮となっておりましす。
こちらのドアノブも丁番も真鍮です。
経年で(すぐに)くすんでまいります。
a0151807_11580566.jpg
そして、窓は2種類です。
こちらは、アメリカのマービン社製のオーニング窓で1200x1200
こちらも窓を一番多く使っております。
外側がアルミ製、内側が木製となっており断熱性能の高いサッシです。
a0151807_11581113.jpg
マービンの室内側の写真です。
壁の中には、ロックウール断熱材105mmを充填しております。
a0151807_15241065.jpg
そして、2FのLDKの東側のベランダにでる大きな掃き出し窓です。
LIXILのサーモスXです。こちらも高性能の窓です。
断熱性の高い樹脂製の窓もあるのですが、窓枠が太くて見栄えを重視してアルミ樹脂複合サッシを選びました。
天井から床までいっぱいの窓です。

a0151807_11584147.jpg
そして、ペントハウスのサーモスX窓です。
左側が南向きの窓となっております。
お日さまが、ここからしか入ってきません。
この窓が冬の間にどれだけお日様を捕まえられるかが楽しみです。
ペントハウスに蓄熱して、螺旋階段を利用して下階に熱を運びます。
どれだけ暖房の補助になるか結構期待しています。
たくさんの熱を取り込めるようにLOW-Eガラスではなく普通のペアガラスを特注しております。

夏は、こちらの窓をふさいでしまいます。
正面の西側の窓は、普通のLOW-Eガラス遮熱タイプです。
断熱材は、外張りのアキレスQ1ボードに充填でロックウール105㎜を入れております。

来週は、外壁工事です。


[PR]
by organic_mimaki | 2017-12-23 15:53

三牧邸建築記録

自邸について少し書きます。
南与野駅のそばに縁があり小さな土地を購入いたしました。
台形の形をした敷地面積24坪(83㎡)の小さな敷地です。
敷地内に車が駐車できること、そして外の環境が少しだけ気持ち良いことを選択の条件に土地を探しました。(もちろん予算もありましたが)
下の写真は南面となります。
3階建てが並んでいます。
右に移っているのピンク色の家も3階建てです。
そうなのです。3階建てに囲まれた土地を購入いたしました。
a0151807_19030480.jpg
日本では、今でも南道路を好む傾向にあり
南からの日射が望めないこのような土地は敬遠されます。
都市型パッシブデザインハウスの構想を以前から考えており、その考えにぴったりの敷地だったのでこちらに決めました。
下の写真は、3階から撮影した北側の眺めです。
用水には、鯉や亀、そのほかの小魚が泳ぎ、そしてたまに鴨も羽を休めに来ます。
遊歩道は、朝晩、通勤通学の人が早足で通り過ぎ、夕刻は、子供たちが走り回る近所の遊び場です。(小学校がすぐ近くなので)
人が集まって住んでいる環境で、少しだけある自然との接点を楽しんで暮らせるのではないかと考えております。

都市型パッシブデザインハウスというからには、
冬にはお日様を取り入れ、夏は風を通し
そして外環境と室内をつなげる暮らしの実現を目指しております。
今では、断熱材や窓などがずいぶんと発展し良い性能の物が、常識的な金額で手に入るようになりいました。
昔は、冬の縁側はぽかぽかの冬の日差しを感じられる唯一の場所だったので、
南からの冬の日射を大切に考えるのはその通りだと思います。
しかし、南道路の整形地を探してもそうそうありませんし、100人に99人はそんな土地を探しています。競争が発生し金額もそれなりに効果になります。

私にとっては、南側がふさがれているこの立地は、まさに探していた土地そのものでした。
建築的に土地のマイナス面を補うことができ、プラス面を引き出すことができればよい家ができる、素敵な暮らしを実現できると考えております。
どんなものができるか、皆さん楽しみにしていてください。

ここに玄関ドアが入ります。
a0151807_18145863.jpg
玄関より階段室を見上げます。屋上の出入り口のペントハウスまでつながっています。
生活の中で足腰が鍛えられそうと期待しております。
a0151807_18150600.jpg

[PR]
by organic_mimaki | 2017-11-10 19:47

三牧邸建築記録

お天気に恵まれて上棟です。
狭い私道の一番奥なので、ご近所さんのご理解をいただきクレーン車を設置です。
a0151807_19071516.jpg
本日の1本目。
トモ君ありがとう。
大工さん3人、基礎工事をしてくれたカシラ3人、クレーン車のオペレーターさん、そしてトラックの運転手さん。
みんなが経験豊富な職人さんなので、どんどん作業が進みます。
a0151807_19072461.jpg
SE工法ならではの大きな梁材です。
車庫の部分の構造を支えます。
a0151807_19074291.jpg

a0151807_19080045.jpg
a0151807_19082109.jpg
みんなが一生懸命頑張ってくれました。
冬の日が暮れるのは、本当に早いです。
みなさん、遅くまで本当にありがとうございました。
ご近所のみなさんもご協力、本当にありがとうございます。
a0151807_19082867.jpg

[PR]
by organic_mimaki | 2017-11-02 19:06

三牧邸建築記録

台風を無事に乗り切った階段です。
晴れてよかった。
柱脚金物と土台敷きです。
出来上がった基礎に、大工さんが墨出しを行い、基礎と柱を直接つなぐ柱脚金物を決められた方法で固定していきます。
a0151807_18560802.jpg
黒い金物がSE金物です。
右に見えているのが通し柱です。
a0151807_18564480.jpg
a0151807_18563722.jpg
基礎に墨出をして決まった位置に正確に取り付けます。
基礎と柱をつなぐSE金物は、力がかかる場所ごとに種類が違います。
21mmという太いアンカーボルトで固定されていきます。
a0151807_18562873.jpg
a0151807_18561915.jpg
大工さんご苦労様です。
いつもありがとうございます。



[PR]
by organic_mimaki | 2017-10-31 18:54

三牧邸建築記録

今日は階段の取り付けです。
現場が狭いので、特殊なクレーン車を使っての建て方です。
現物は、初めて見たのですがなかなか気に入りました。
カニクレーンなどと呼ばれております。

a0151807_18411027.jpg
a0151807_18412087.jpg
小さいけれど立派に働きますよ。
a0151807_18414438.jpg
屋上までの4層を貫く階段なので、二分割となっております。
まずは一段目。
a0151807_18415552.jpg
そして、二段目。
お天気にも恵まれて、無事設置完了。
a0151807_18421633.jpg
溶接作業は、後日足場を建ててから周囲を養生して行います。
しかし、鉄骨やさんは、この階段をこの状態ですたすたと上がっていきます。
安全帯をつけているとはいえ、見ている方が足がすくみます。
a0151807_18422544.jpg
ご近所の人たちには、お騒がせの光景です。
a0151807_18424033.jpg
もう一つ台風が来るので、ワイヤー固定もしておきます。
しかし良い天気だ。
a0151807_18424862.jpg

[PR]
by organic_mimaki | 2017-10-26 18:39

三牧邸建築記録


基礎工事完成!
台風にひやひやしながら、完成です。
基礎の中に雨水が溜まっているので、これから水抜きを行ったり掃除をしたりいたします。

a0151807_18344500.jpg
a0151807_18345499.jpg

[PR]
by organic_mimaki | 2017-10-23 18:37

完成現場見学会

台風の中の見学会となりました。
大変な中、見学会に来場いただきありがとうございました。
また、参加できなかった方々少しですがご覧ください。
a0151807_12260238.jpg
a0151807_12255550.jpg
a0151807_12254263.jpg
a0151807_12252355.jpg
a0151807_12250452.jpg
a0151807_12251710.jpg
a0151807_12253563.jpg

[PR]
by organic_mimaki | 2017-10-23 12:44