『三牧の徒然日記』

mimakiblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

木陰の涼しさ

a0151807_10013324.jpg
今日も朝から30℃を超えています。
スタジオ内は、28℃で快適です。
建物が木陰にある効果は大きく、輻射熱が建物まで届かないので不快な暑さを感じません。

2階の事務所部分にエアコンを設置してあるのですが、吹き抜けを通してシーリングファンで1Fの居間に送ります。
その風が階段を通してに戻ってくるので縦方向にかき混ぜられて家中がほぼ同じ温度になります。

a0151807_10101445.jpg
ちょっとわかりにくい写真ですが、吹き抜けについているシーリングファンです。
夏と冬は、回って室温を一定にするのに働いてくれています。
a0151807_10314393.jpg
居間の窓ガラスの温度です。放射温度計で測ってみました。
a0151807_10314689.jpg
こちらは、玄関の西側についている窓の温度。
a0151807_10314816.jpg
そして吹き抜けのFIX窓、28℃です。
a0151807_10315063.jpg
居間は28℃、湿度64%快適です。
ぜひ一度体験しに来てみてください。
温度差の無い快適さを。




[PR]
by organic_mimaki | 2018-07-14 10:38

災害時の貯湯式給湯器の活用

暑い日が続いております。
西日本の豪雨災害で、お亡くなりなられた方、ご遺族の方に心よりご冥福を申し上げます。
また、被災された方に、お見舞いを申し上げます。


災害に備えての一つの考え方を、改めて書きたいと思います。
断水で、水がない状態とニュースで連日放送されております。

給湯機には大きく分けて、2種類があります。
ガスや灯油を燃料にした瞬間湯沸しタイプと
深夜電力で沸かしたお湯をためておく貯湯タイプです。

お湯をためて置くタイプは、370L以上のお湯が溜まっていることが一般的です。
もしもの時に備えて検討してみてはいkがでしょうか。

溜まっているお湯なので、メーカーの説明では、
「飲用ではなく生活用水には使えます。」とありますが、煮沸して飲む分には問題ないようです。

設置場所や金額など検討することは多いと思いますが、
一度ご検討ください。

※断水時などにエコキュートのタンク内のお湯を使用する際には、取扱説明書をご覧の上ご使用ください。
給水や電源など、操作方法がメーカーや機種などにより異なります。

a0151807_09395441.jpg



[PR]
by organic_mimaki | 2018-07-13 09:53