『三牧の徒然日記』

mimakiblog.exblog.jp
ブログトップ

おおみやスタジオOPEN

a0151807_19564558.jpg

新緑のきれいな季節になりました。
窓の外には、イロハモミジとアカシデの新しい葉が日に日に大きくなっています。11月より工事に取り掛かっておりました展示場が完成し、5月9日10日には本当にたくさんの方がお祝に駆けつけていただきました。みなさん本当にありがとうございました。お一人お一人もっとたくさんお話をしたかったのですがそれもできずに本当に申し訳ありません。みなさんとの家づくりのお手伝いをさせていただいて私個人も20年という時間が過ぎました。様々な学ぶ機会と体験、そしてもちろん皆さまと一緒に築いてまいりました家づくりの経験を通して、教えていただいたこと。そんな事を一つの形にしてたくさんの方に見ていただきたいと思い、場所探しから始まり完成までに2年かかりましたがやっと完成しました。これも皆様のおかげと感謝しております。本当にありがとうございます。家とはどんなものが良いのか、様々な価値観があると思いますので正解はないと思いますし、間違いもないと思います。その中でどのような価値観で家づくりをお勧めするべきか、いつも考えていることが形として実現できたのではないかと思っております。街並みや家並みが素敵な場所に立つたびにこんなところに住んだら素敵だろうなと思ってきました。そしてそんな街並みをつくることに関わっているのだと強く感じるようになってまいりました。50年後100年後に素敵な家だなと思ってもらえるような、家づくりをお勧めするべきだと考えるように頑張りました。戦後の日本での家づくりは30年程度の耐久性で考えられておりました。200年住宅ということを考えていくと今までの家づくりの常識を、少し考え方を変えたほうが良い事がたくさん出てまいります。そんな価値観で作った家です。前からここにあったような家を作ったつもりです。普通の内装設備や外観を見る住宅展示場と違い「生活を感じることができる家」を意識してつくりました。冷房設備は付けず、夏の冷房をかけなくても快適に過ごせる方法を探してみようと思い実験です。
a0151807_19572399.jpg

家のハードとしての性能とそれを使いこなすソフトを見つけていければと思っております。一緒に家づくりをさせていただいた方々からたくさんの経験を聞かせていただきました。「もう少しこうしたらもっと快適になるのでは?」「こんなことをしたらますます快適になった」そんなとても貴重な体験談を形にしてみました。みなさんにぜひ見ていただきたいです。みなさんにお会いできること、たくさんお話をできることを楽しみにしております。
[PR]
# by organic_mimaki | 2009-05-11 00:00

『エコハウス』

a0151807_19544934.jpg

埼玉でもサクラの花が開いてきました。日に日に暖かい日が増えてきます。

3月10日に環境省より『環境省は、エコハウス設計手法を活用した21世紀環境共生型モデル住宅の整備事業、及び同モデル住宅を活用した住宅環境対策に関する普及活動事業を実施する地方公共団体を募集』しています。これは県や市町村などの地方公共団体が家庭部門からの二酸化炭素の排出量を減らすために『ライフサイクル全体で環境負荷低減が可能な住宅設計手法(「エコハウス設計手法」)を活用したエコハウスのモデルハウスを建て建築設計事務所や工務店などにエコハウスの知識や技術を共有することを目的に募集するということです。埼玉県でも申し込むとのことですが上限が1億円で20地域とのことなので全部が採択されるとは限りません。採択され埼玉県内にエコハウスのモデルができると良いなあと思っております。昨年から始まった国土交通省の200年住宅の補助金や今回のエコハウスの補助金など、国でもいよいよ本格的に住宅の性能の向上に取り組み始めたということでしょう。200年住宅とエコハウスを足したような住宅を目指している私たちはこのような方向性は大歓迎です。そんな家が普通になってくると次には住宅の資産化が見えてきます。住宅をきちんと手入れしていけば30年住んだ家が売る場合にも土地代だけで評価されるのではなく土地と建物が一緒に評価され建てたときよりも評価が上がり高く売れるということが出てきます。きれいなガーデニングが評価を上げるのに役立つようなことが出てきます。ローンを35年間コツコツ支払って支払い終わるころには価値がゼロになる今の仕組みではとてももったいないです。一日も早く他の国のように土地と建物が一緒に評価されるようになってほしいと思います。国土交通省の補助金を受けられる200年住宅も2月末に杉戸町で1件が完成し、現在3件建築中です。これからも住む人にも環境にもやさしい住宅つくりを一生懸命考えてご提案させていきたいと思います。

《追記》

埼玉県ではエコハウスの公募の申請はしなかったそうです

何か違う形での普及・啓発ができれば良いですね
[PR]
# by organic_mimaki | 2009-04-01 19:54

太陽光発電

a0151807_19523742.jpg

 雪が降り寒さもそれなりにありましたが、かなりの暖冬だったのでないかと実感しております。さくらの花も3月中にしかもすいぶん早い時期に咲いてしまうのではないでしょうか。何かと話題の太陽光発電ですが、弊社でも太陽光発電システムの販売をできるように契約を進めております。メーカーは自動車メーカーのhondaの出資会社のホンダソルテックという会社です。そんなこともありまして太陽光発電について自分で考えていることをひとこと書かせていただきたいと思います。太陽光発電とは、太陽光を直接電気に替えることができる為発電時にはCO2を一切出さないので環境にやさしい発電方法の一つです。(製造時にはCO2はでますが)これまで弊社では、あまり積極的に太陽光発電をお勧めはしてまいりませんでした。その理由は、太陽光発電を取り付けさえすれば環境に良いそれだけでよいという考えが疑問だったからです。パネルを取り付ければ発電しているのだからその分気にせず電気を使っても経済的に安価だし、環境にもやさしい、これも一つの考え方だとは思います。しかし、日頃エネルギーをあまり使わなくて良い方法を意識している私たちとしては、まず省エネが第一であり、その次にクリーンエネルギーによる発電という考え方が良いのではないかと思います。具体的には、冷暖房をあまり使わなくても快適であり、照明や家電製品も省エネのものを選びそして太陽光発電で補う。この形が良いのではないかと考えます。使った分と作った分が同じであればゼロになります。CO2もゼロ、電気代もゼロそんなことが簡単にできればよいとは思いませんか?
[PR]
# by organic_mimaki | 2009-03-01 00:00

電線と町並み

a0151807_19483752.jpg

もうすぐ2月。日が伸びてまいりました。まだ寒い日は多いですが春はそこまで来ているとう感じがしてまいりました。

現在建築中のさいたま市見沼区大和田1丁目のオーガニックスタジオ体感型展示場も1月10日に上棟しまして順調に工事も進んでおります。先日開催いたしました構造現場見学会ではたくさんの方が来場してくださいました。初日は雪も降りとても寒かったのですが、みなさん長い時間をかけて見学してくださり私共の話を聞いてくださいました。本当にありがとうございました。2月末には、断熱材工事が終わりサッシが付いた状態でもう一度見学会を開催したいと考えております。また、たくさんの方が来ていただけると嬉しいです。

車を運転しながら、道を歩きながらふと目を空に向けると電線、電線、電線。

More
[PR]
# by organic_mimaki | 2009-02-01 00:00

2008 あけましておめでとうございます

昨年の急激な景気の低迷の中、住宅・不動産市場の活性化を目的に住宅ローン減税が実施されます。この減税策の中では住宅が2種類に分けられています。それは“一般住宅”と“長期優良住宅”の2種類です。そしてローン減税の最大控除額はそれぞれ一般住宅が500万円で長期優良住宅が600万円です。これは、どういうことでしょう。

一般住宅とは文字通り従来からある一般的な住宅です。(建築基準法の範囲内で作られる住宅でありハウスメーカー、工務店、大工さん、建売業者などにより基準はバラバラ)、そして長期優良住宅とは「長期優良住宅の普及の促進に関する法律の規定に基づく認定を受けた長期優良住宅」とのことです。とてもわかりにくいですが、これは「良質な住宅が建築され、及び長期にわたり良好な状態で使用されることが住生活の向上及び環境への負荷の低減を図る上で重要」(前期法律の一部抜粋)つまり資源のない日本で作っては壊ししていては環境に良い訳もなく、ましてや個人の財産で何度も家を作らなければいけないのは世界的に見てもとても不自然です。これから建てる住宅は、地震に強い構造、冷暖房費があまりかからずに快適な断熱性、長期間使用できるように間取りが変えられる可変性、そして設備がメンテナンスできる仕組み、そのような住宅を建てて、そして住宅の維持管理の計画をし、コストをかけて維持管理をする価値のある住宅を建てましょう、そんな方向に向かっていくことでしょう。そして価値のある住宅が増えてくると中古住宅(新築が一番良くて時間が経つと価値が下がる)ではなくて既存住宅(すでに存在し誰もが価値を認める住宅)みたいな考え方が増えてくると良いですね。これは土地と建物、そして環境、景観、生活施設(学校、病院など)などを切り離さないで評価する考え方が多くなっていく事でしょう。

今回のローン減税は、残念ながら良質な住宅の普及よりも経済対策に大幅にかたよった方向になってしまいましたが、減税の差額とコスト差にではなく出来上がる住宅の持つ価値に注目が集まってくれると良いなと思います。

 春には、さいたま市大和田町にモデルハウス・スタジオ(事務所)も完成いたします。こちらで様々な勉強会やイベントを行いいろいろな価値観を皆さんと共有できる一年になれば良いなと思います。今年もよろしくお願いいたします。いつもありがとうございます。
[PR]
# by organic_mimaki | 2008-01-01 00:00